当ブログにつきまして

 初めまして、市川智彦(いちかわ・ともひこ)と申します。

 碓氷 智(うすい・さとる)、村井朋靖(むらい・ともやす)としても活動中ですが、本ブログにおきましては、主に「市川智彦」として、記事のご案内を致します。

 この記事は、ほぼ最上段に設置するように設定しますので、ご了承ください。


 このブログは、「いつでも気軽に聴ける短めのボイスドラマ」の発信拠点です。
 現在、私は合間を縫っては、短めの脚本を制作しておりまして、それを休日にちゃんとした脚本として成型し、着々とストックを溜めております。

 ここでいうショートボイスドラマとは、「パイロット版」としての意味を込めてます。

 あまり日本では聞き慣れない放送用語ですので、簡単にご説明いたしますと、海外ドラマ(主にアメリカ)では、TV局主導で新番組を制作することは稀で、制作会社が第1話を制作し、それを重役が見て、良い作品に予算をつけます。

 今後、私の脚本をお読みになったボイスアクターさんが、演じたい役を演じ、そのデータを元に、随時ショートボイスドラマを編集し、公開していく予定です。
 その過程で、聴取したライターさんが「私、続きを書きたい!」と挙手すれば、その作品の続編を制作していくスタイルで行こうかな、と考えております。

 また、絵師さんも情景とキャラを描いていただいてもいいと思ってます。
 さまざまなクリエイター全体が刺激し合えるような環境になれば、最高ですね!
 その発端となるのが、今回の「pilot voice drama」の意図するところです。


 もしかすると「パイロット版」というと、少し聞こえが悪いかもしれませんが、今は「このパイロット版だけでCD1枚作りたい!」というのが、当面の夢です。
 (現状、まだ13件ほど脚本が存在しますので、CD化は現実味があると思います)
 やっぱり作るからには、形に残るものを作りたいというのが、私の本音です。

 とにかく、クリエイターさんだけでなく、ご聴取いただける皆様も一緒に、皆が楽しめる企画になると願って、今後も企画を動かしていく次第です。


 作品を作りたい方も、お聞きになりたい方も、ぜひ当ブログでお楽しみください!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック